伊香保温泉 ♨ ホテル天坊

04099 温泉

こんちゃ!えみです(emicc4)

ひさびさの温泉レポです!!

今回は群馬県、伊香保温泉 ♨

お供にはいつもK子で、報告させていただきたいと思います!

 

出発は東京「上野」駅から、目指すは群馬県「渋川」駅です。

040910

所要時間1時間36分、料金は片道3,600円です。

特急列車「草津」で向かいますが、鈍行で行くと片道2時間40分・2,268円で行けます。

 

K子「じゃ、まずは乾杯だね~」

私「ではでは、ぷっはぁ~♡」

K子「・・・。」

(オヤジ臭いなぁ・・)と言いたげな様子のK子さんでしたが、声を押し殺している彼女に成長を感じますね。

道中、K子の彼氏のdisり話でわたしは聞き役でして、早く目的地に着いてぇ~!と願うばかりでした…。

よっぽど溜まっていたのか、全部吐き出したときには、別人のようにスッキリしたお顔になってらっしゃいました。笑

彼女のお陰(?)であっという間に時間が過ぎて、「渋川」駅に到着~!!

040913

きたよぉ~!渋川市!!

初上陸です。駅は修繕工事をしたのでしょうか、どことなく雰囲気のある造りをしています。

駅周辺にはお土産屋さんがちらほら。

まずは我々、さっそうとバス亭に向かい行き先時間をチェック!

 040917

ホテルのチェックインが15時なので、それまでのあいだ、ちょっと観光地に行ってきます。

ホテルの場所は駅から15分ほどですが、そこから駅2つほど先まで向かいます。

2人「レッツゴ~!!!」

040921

向かった先は「石段街」です。

ここは365段の石階段があり、両脇には風情豊かな旅館やお店が立ち並んでいます。

1番下から登るにはキツいかと思ったので、バスで途中までいき半分ぐらいの地点から登り始めました。

K子「ねぇ~!!まだぁ~!?」

「はぁはぁはぁ…。じぬぅ~!!!」

(途中からで良かったヮ♡)

頂上まで登った先が「伊香保神社」です。大きな杉の木か何本か生えていて、お賽銭箱があります。

2人でお願い事をして、少し歩くと向こうに大きな山が見えてきました。赤城山でしょうか…。

040943

K子「うわぁ‥絶景だね~」

私「そうだね~、ん・・?。!!」

「三尊だわ・・・」

K子「えっ? さん・・ぞん??」

私「三尊天井よ!あれ!!」

K子「えみさん・・頭、大丈夫?」

私「・・・。」

(わたしの投資ブログを読んでいる方は、お分かりかと思いますが、写真1番右の山のかたち。三尊ですよね!!??)

さ!気を取り直して先に向かいます。笑

帰りは下りなので、余裕をもって散策できますね!

途中に、昔ながらのいい感じのお店がたくさん現れてきました。

K子「見て~!うまい棒が全部置いてる~!」

私「ほんと!古い駄菓子屋さんだね~」

K子「わぁ~イイ感じの旅館♡」

私「ほんと!早く温泉入りたいね~!!」

K子「見て見て~!射的だって!!」

(あんた、登りの疲れは…?)

040948

ほかにも、玉こんにゃくの名店があり写真を撮ろうとしたのですが、そこは店先に芸能人の写真がたくさん貼ってあったのでNGでした(残念!!)

一番下まで降りて、少し疲れたのでカフェにて休憩。

K子「ねぇ、えみさーん。」

私「なに?」

K子「怒らないでね」

私「いや、たぶん怒ると思うけど、なに!?」

K子「えぇ~!!もう怒ってんじゃん!」

私「怒らないよ…。で、なに???」

k子「結婚さ、あきらめモード?」

(ぷちっ)

この後の2人のやりとりはご想像にお任せします…。

時間は15時前。さぁ、そろそろチェックインの時間です。

喫茶店を出て、宿泊先に向かって歩くこと10分…

私「あ・・・見えたよ!」

K子「着いた~!!」

「おぉ…!デカいねっ!!!」

周辺のホテルや旅館と比べると、ひときわ大きく目立ちます。

2015年にリニューアルを行い、9階建て全客室が180室ほどあります。

04134

中庭には見事な日本庭園が広がっています。

わたしたちは、いつもチェックインしたらあとは温泉三昧。ホテルから出る事はほぼありません。

ホテル周辺施設・観光スポットとしては、ゴルフ場(伊香保カントリー倶楽部)グリーン牧場竹久夢二伊香保記念館坂東十六番礼所 水澤寺スカイランドパーク…などがあります。

ホテル内施設は、プール足湯ティーラウンジカラオケ麻雀ルーム卓球など。お子様連れの方にはキッズルームも完備されています。

客室は、和室・洋室・和洋室・露天風呂付客室・貴賓室の5つのタイプがあります。

わたしたちは「露天風呂付客室」を選びました。

部屋番号は334号室。お部屋に案内されて、さっそく露天風呂をチェック!

2人「おぉ・・・!!」

04139

K子「えみさん、お先にどうぞ~」

私「いいの?」

K子「もちっ!だって、わたしお金一銭も払ってないしwww」

そうなんです。

いつも旅費は全部わたし持ち…ww

では、お言葉に甘えて・・・

041311

私「はぁぁぁ・・・♡」

「さ、最高・・・♡♡」

日々の疲れが一気に吹き飛びますね。私の場合、この瞬間のために生きているといっても過言ではありません。w

041315

いいお湯でした。やっぱり温泉は露天が一番ですね。源泉掛け流しなので、温度は適温。この日の気温もそんなに寒くなく、最高の温泉日和でした ♨✨

そして温泉上がりのビール。これがまたたまりません…。

ごくごく・・・。

041320

ごく、ごきゅ、ごきゅゴキュ、ゴキュゴキュゴキュ・・・!!!!

ごっくん・・・♡

 

041319

K子「ちょ・・・ww」

「えみさん、早すぎっ!!www」

2人で露天風呂を堪能した後は、マッサージチェアにてリラックス。そのあと30分ほど休憩して今度は大浴場へ向かいました。

大浴場では写真は撮れなかったので、イメージ図ですがこんな感じです。

041322

広大な敷地に「こがねの湯」「しろがねの湯」そのほか多くの温泉が散りばめられています。

すべての温泉に浸かりっ切ったわたし達は、出るころには完全に逆上せ切ってましたね。笑

話は変わりますが、旅館・ホテルの客室には饅頭やお菓子がおいてありますよね。お風呂に入る前には、必ず食べてからお風呂に入りましょう。

長湯による立ち眩みを防止するために置いてありますので。ちょっとした豆知識です。

温泉から出て部屋に戻り、1時間弱ベッドで休んだあとは…お待ちかねの夕食タイムです!

夕食は5つのお食事処に別れています。各料理亭により「本格懐石」「蒸篭蒸し料理」「網焼き料理」などが堪能できます。

わたしたちは、料理茶屋「湯の花亭」に移動しました。

献立はこのような感じです🍚

041324

料理を持ってくるスピードが絶妙でしたね。たまに一品食べてから、つぎのお料理が運んでくるまでの時間が長いところがありますが…ここのお食事処はよく計算されていましたね。笑

041328

現地の食材がふんだんに盛り込まれたお料理はどれも絶品!

文句のつけようがありませんよね。

K子「えみさん!このお肉…と、とろけるわぁ~♡」

私「ほんと…!! 美味しいねぇ~♡」

041332

この爪楊枝入れ…!!めちゃ可愛くないですか!?(写真一番右)

これ、女将さんの手作りだそうで、お客様が喜ぶように毎日数十個と作っているそうです。こういった些細なところに高いサービスを感じますね。

夕食を終えて部屋に戻り、ベッドで横になりながらお酒を飲んでK子とバカ話で盛り上がりました。

K子「ねぇ、えみさん。わたし髪ばっさり切ろうと思うんだけど…。」

私「いいんじゃない? だんだん暑くなってくるし…。」

k子「どれぐらい切ろうかなぁ…。」

私「…。 ハゲにしてみたら?」

K子「(# ゚Д゚) はぁあああ!?」

wwwww

さすがに怒ってましたね。笑

でも世の中、マルコメ需要もあるのを最近知りました。

まぁ、ごく一部の方にあるのでしょうけど…。

そんなこんなで夜中の1時までバカ騒ぎして、寝る前に温泉に浸かって、温まってから眠りにつきました。

 

翌日は2人とも、チェックアウトぎりぎりまで寝てしまって、もうバタバタ…!!笑

最後に温泉に浸かりたかったのに、残念…。

今度は2泊ぐらいでゆっくり楽しみたいと思います!

 

♨ 今回の宿 ♨ 

コメント